ENJOY FOOTBALL

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の朝、いろんな人からメールをいただいたりして、応援してもらって本当にありがとうございます。






では結果から。



















100点満点中70点。





銀賞です。銀賞のなかでは1番です。金賞まであと2点、県大会進むまであと3点です。






3年連続東関東行った団体が、2年連続地区落ちですわ。やっぱり、地区突破が一番難しい吹奏楽コンクールはどうかしてるwww





で、この結果を読んで、




(去年、山下公園で1時間以上くやし涙を流して、へこんでたドラは大丈夫か??)





って思う、先輩方たくさんいるでしょうが・・・・






大丈夫です。1滴も涙流してません。泣かなかった理由はまた後ほど。








で、今日は忙しかった。朝オケ終わって、すぐ搬出。10分で終わらせました。意地です。ぶっちゃけ凄いなぁと今思う自分www




で一番最後に塚ちゃんと学校出て、一番最初に県民ホールに着くという快挙wwwいや、トラックに乗ってきたって言ってる人いるみたいだけど、普通に電車で来たから。駅から猛ダッシュ!!





で、搬入済ませて、始まるまでゆっくりとしてました。



演奏中のことはまたあとで。





そして、演奏終了後は、写真とって、急いで搬出して、学校帰って、3音片付け&搬入しておしまいです。今日の搬出、搬入のスピードはやばかったと自分で思うwww






さぁて、今日忙しかった話はここら辺までにしますか。






演奏と今日の結果と何故泣かなかったについてです。






まず、









今日の結果は非常に満足です、僕にとっては。まぁ県推薦が付いてきたらそれに越したことは無いですけど・・・・満足といっても銀賞に満足したわけではないっす。






去年の夏、苦い思いをして、そこから死ぬ気でやってきました。昼練は1年間、朝練は5月頃から2ヶ月弱。本当に主務の仕事をこなしながらだと練習時間無くて困ったもんだ。



しかも、5月ごろからスランプに陥って、いくら練習しても伸びないという始末。最近分かったのですが、マウスピースをくわえる力加減がそれまでと変わっていたらしく、それに気づいたのは7月はじめだからね。でも、自分の出来る限りの練習は絶対に怠ってこなかったのが実情です。仕事で、部活の時間になかなか吹く時間が取れなかったから、朝連を始めたわけです。




で、まぁオーディションを経て、コンクールでA・Sax1stを吹くことになり、今日ここまで練習してきたわけです。





で、今日の演奏は個人的にはほぼ100%の実力を出せました。緊張してる状態でだせる実力は全て出せました。



最初の音も出たし、クラとのメロディーも良く溶けたし、ミスっていったら、E2小節前で音が出なかったのと、ソロでリードミスしたぐらい。




それにとにかく








吹いてて物凄く楽しかった。





今まで2年間吹奏楽やってきたけど、ここまでやりきった感じっていうのは今まで一回も無かった。



さっきも言ったけど、スランプの原因が見つかったのは確かだけど、それを直すまでもの凄い時間かかって、つい1週間前までは、普通に死ぬかと思った。


でもつい3日前から午前中だけ調子よくなるという異常現象が3日日間続いて、今日を迎えたわけです。





今日は自分のなかで今出せる最高の音を出せたと思う。確かにソロはちょっとしくったけど、それまで、あのフレーズ吹くのにどんだけ時間を費やしたことか。結局緊張に負けたのですが・・・・・





ということで、結局自分の力を出せる限りだせたわけです。だから後悔の念が無くて、涙も出なかったわけです。



僕が何に満足したか。それは結果にではなく、いままでの過程と、今日の演奏にです。今まで、死ぬ気でがんばって、自分が今できる最高のパフォーマンスが出来たから、満足したんです。




電車にのなかで、ぐっちぃには言ったけど



表彰が始まる前から

「今日はどんな結果であろうと、演奏を楽しめたからそれでいい」


と思ってました。まぁいい結果は付いてきて欲しかったけど・・・



本当の音楽の楽しみというものに気づけた今日は本当に良かった。




とは言っても、俺が満足したから、県大会に進めるほど、コンクールは楽じゃなかったんですね。みんながそう思えるような演奏をしないと。





去年は泣いた。それは自分がベストを尽くせなかったから。きっと今年泣いた人も同じ理由でしょう。




なら自分のベストを本番で出せるようにするには??







やっぱ練習しかないんだよ。しかも本気で、コンクールに向かって。




仮屋とか谷口にひとつ言いたいんだけど・・・



「音楽は楽しむべきもの」



って二人は言ってた気がするけど、やっぱ楽しみたいんなら、きつい練習の耐えないと、ダメだよ。





おとといぐらいまで、本当に自分を苦しめて限界ぐらいまで追い詰めたけど、昨日、おとといは本当に楽しかった。これは最初から感じることの出来ないものだよ。やっぱきつい練習に耐えたからこそ感じられた楽しみであって、おそらく仮屋とかが言ってるものと全然違うでしょう。





苦しみの先に、楽しみがある





ぼくはやっぱそう思います。スポーツだって、きつい練習に耐えていいプレーが出来たりするから楽しいでしょ。これはただやってて楽しいっていうのとは違った、もっと深い意味での「楽しい」だと思う。




今日はそれを感じられた気がする。




個人的なことはここまで。





全体的なこと。





やっぱどこかに甘えがあったんじゃない??僕はそう思う。コンクール曲チェックが終わってから、各自でパー練とかする気配が全くしなかったし、オケでのアンサンブル力が落ちていったのは事実。7月19日にわざわざコンクール曲チェックを入れたのはみんなにパー練をやって欲しかったから、俺が塚ちゃんに提案したんです。結局流れちゃったけどね。






結局7月中のオケは自分達でも直せるところばっかやったと思わない??



オケ終わったあと、練習した人は??毎日やってたのはクラパーぐらいじゃないかな??もちろん僕も音程の確認、ソロの練習はやってました。






まぁ終わったことをグチグチ言ってもしょうがない。





2年生へ。





おそらく、後悔した人が大多数でしょう。俺も去年はそうでした。



なら来年のためにどれくらい本気で練習していくか。これが鍵です。



練習をたくさんやることによって、各箇所の成功率は上がってくるわけだし、なんと言っても、だんだんオケが楽しくなってくる。





みんながそう感じられるようになったとき、それがKHWOが一皮剥けて大きく成長出来るときだと思います。




今年のけっかを見てみると、



去年金賞を取ってる学校が3校おちて、去年銀賞とかだった団体が金賞を取って県大会に進んでいます。




ようするにどういうことか。






もう本当にコンクールの突破を目指すなら、いままでの練習法を根本から変えて行かないといけません。遅刻、無断欠席を許すような部活じゃ、この先地区突破することは難しくなると思います。




今年は変えたけど、途中から今までどおりの戻ってしまったというのが本心です。




そこは幹部を中心に、1・2年生中心に話し合ってください。今後どういう部活にしていくのか。じっくり話し合う機会を作ったほうがいいでしょう。






なんかあったら聞いてください。




とりあえず、もっとサックスが吹きたい!!と思えたいい日だったと思います。ちなみに僕は来年から一般団体で、東京都の大会の方に出るかと思います。





で、明日は野球部の応援だわ!!またいけるのは本当にうれしい。




えーっと、援部&バトン部の人へ。




へこんでる人いるかも知れないけど許してやってください。




代わりに精一杯応援するんで!!






さぁ野球部に吹奏の分まで頑張ってもらいましょう!!めざせ甲子園!!
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://liver0316.blog56.fc2.com/tb.php/409-9c19ded0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。